ブログ活用のヒントを満載
by vlsasaki2
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:トラックバック( 10 )
Top↑

トラックバックとコメント
トラックバックとコメントの時の名称が違うので戸惑いますね。

私の場合ですと、

ブログのタイトル ブログの玉手箱
エキサイトID   vlsasaki2

なので、

トラックバックをすると、
Tracked from ブログの玉手箱

コメントをすると、
Commented by vlsasaki2

と表示されます。

まあ、そういえばそうかもしれませんが、トラックバックしてもらった人から別の記事にコメントをもらうと名前が違うのであれっということになります。

これってどうなんでしょうかね。 > エキサイトさん
[PR]
by vlsasaki2 | 2004-08-17 12:57 | トラックバック Top↑

座布団を謹呈します。
snowvoiceさんのうまくできたのかしら?にトラックバックしました。

snowvoiceさんのやり方でカンペキです。
お座布団を謹呈します。

このブログでは家主を感動させたり、喜ばせると座布団がもらえるシステムになっています。
[PR]
by vlsasaki2 | 2004-08-17 12:06 | トラックバック Top↑

トラックバックの意味
トラックバックできるかな?
トラックバックとコメントの意味を理解することが大切です。
コメントは相手の記事に書き込みますから当然自分の手元には残りません。
その時かぎりの意見や感想を伝えるだけならコメントでも十分に機能しますが、継続したテーマで論理を展開したり、複数の人たちと意見交換をする場合は、自分の意見があちこちに分散するよりも、自分のブログ内にある方がいいですよね。

この記事がまさにそうです。

このように内容は相手に伝えたいのだが、記事は自分の手元においておきたい場合はトラックバックが適しています。

エキサイト同士と他のブログとでは操作の仕方が違います。
当然でしょうけど、エキサイト同士の方がずっと簡便です。

●エキサイトを含む一般のブログへのトラックバック
http://kchan.exblog.jp/i3/

●エキサイト同士のトラックバック
1.相手の記事の<Trackback>をクリックします。
2.<トラックバックする(会員専用)>をクリックします。
  ※投稿画面が開き、同時に
  ・相手へのリンクが自動的に張られます。
  ・相手へのトラックバックURLが自動的に入力されます。
3.文章や画像を挿入し<送信>します。

【トラックバックの確認】
●相手側
相手のTrackbackは変化していませんが、ブラウザの<更新>ボタンをクリックするとTrackback(1)に変わります。
トラックバック(1)をクリックしてみると、先頭の300文字程度が相手のトラックバック欄にコピーされています。
●自分側
最新の投稿記事になっています。
文頭に相手へのリンクが張られています。

【相互リンクの確認】
自分の記事の先頭にある相手のリンクをクリックすると、自分がトラックバックした相手の記事へジャンプします。
相手のトラックバック欄にある自分の<ID><記事のタイトル><more>のいずれかをクリックすると自分の記事へジャンプします。
[PR]
by vlsasaki2 | 2004-08-16 10:22 | トラックバック Top↑

エキサイトセンターへのトラックバック・初体験
超個人的な内容で、調べたことのメモみたいなブログだったのでセンターへのトラックバックはしたことがありませんでした。

今日始めてやってみましたが...

センターのリストに乗りましたー♪

記念写真をパチリ。
a0034054_1844372.jpg


a0034054_185149.jpg


[PR]
by vlsasaki2 | 2004-08-12 18:06 | トラックバック Top↑

涼しげな暑中見舞いですね。
涼しげな暑中見舞いを見つけましたので、早速トラックバックさせていただきました。

思いのままに」さん、ありがとうございました。

涼しい写真を探しましたがありませんので、これを。
a0034054_235320.jpgおまえ、暑いからあっち行けよ!
[PR]
by vlsasaki2 | 2004-07-31 23:08 | トラックバック Top↑

トラックバックのまとめ
トラックバックの「ブログの玉手箱」をクリックすると、元の投稿画面にジャンプしますが、コメントを記入する状態で開きます。

必要に応じてコメントを記入しますが、ここから相手のブログを見るときは、

トップページにジャンプするには、
タイトルをクリック

その記事が含まれるカテゴリにジャンプするには、
最終行のカテゴリ(ここでは「トラックバック」)をクリック
します。
[PR]
by vlsasaki2 | 2004-07-31 11:56 | トラックバック Top↑

トラックバックの設定(3)
最初に相手のトラックバックURLを貼り付けます。
a0034054_11464854.jpg


次に相手のページにリンクを張ります。
a0034054_11475963.jpg


<送信>ボタンをクリックし、相手先のトラックバックを確認してみましょう。
「ブログの玉手箱」や「トラックバックの設定(2)」をクリックするとその記事へジャンプします。
a0034054_1143927.jpg

[PR]
by vlsasaki2 | 2004-07-31 11:49 | トラックバック Top↑

トラックバックの設定(2)
作業の順序はさほど問題ではりませんが、以下のようにするとスムーズに流れます。

1.コピーしたURLを<トラックバックURL>に貼り付けます。
2.相手がトラックバックする記事を作成します。
だいたいこんな感じでしょうか。
花がとってもきれいな早起きした朝はさんのページにトラックバックさせてもらいました。

我が家も猫の額の庭ですが、いろいろな草花が咲いています。

肥料をよくやりますから、花や野菜も育ちますが、草もよく成長します。(涙)

3.「早起きした朝は」のところにはこちらからリンクを張っておくとよいでしょう。
  これで相互リンクになりますね。
  リンクのアドレスはトラックバックURLの中の「tb/」を取り除いたものです。
  http://vlsasaki3.exblog.jp/23144
[PR]
by vlsasaki2 | 2004-07-31 11:29 | トラックバック Top↑

トラックバックの設定(1)
トラックバックを設定する動機はリンクと同じで、同じ趣味や考え方をしている人に対して自分を知ってもらいたいということですよね。

そのようなブログを発見したとして、以下の作業を進めましょう。

1.面白いブログを発見しました。
2.そのページのトラックバックURLをコピーします。
  <Trackback>をクリックすると
トラックバックURL : http://vlsasaki3.exblog.jp/tb/23144
のように表示されますので、これをコピーします。
3.自分のブログに<ログイン>し、<マイブログ>を表示します。
4.相手からトラックバックしてもらうページを投稿します。

これから先は次の記事で。
[PR]
by vlsasaki2 | 2004-07-31 11:20 | トラックバック Top↑

トラックバックとは
トラックバックはリンクと逆の設定になります。
自分のブログ   <---   相手のブログ
通常は相手のホームページの編集権限はありませんから相手に自分へのリンクを設定してもらう時はメールなどでお願いします。

私もあなたをリンクしますから、あなたも私をリンクしてください、というわけです。
これを相互リンクといいますね。

ブログでは相手から自分へのリンクを自分の動作だけで行うことができるようになっています。
これを「トラックバック」といいます。(略してTバックと表記している人もいますね。)

そうすると、

                           閲覧者

自分のブログ <- 相手のブログ <- 閲覧者

                           閲覧者

という形になり、より多くの人が自分のブログを訪問する可能性が高まります。
[PR]
by vlsasaki2 | 2004-07-31 11:07 | トラックバック Top↑